blog-title2.gif

---【PR】---
ナース用品専門店!
強圧なのに痕の付きにくいハイソックス、足の疲れにくいサンダルなど、長時間の立ち仕事をサポートするグッズがいっぱい。
楽天市場-グルメ・カタログ通販
スィーツ、和洋酒、こだわりフルーツ、米、野菜、大トロ、飛騨牛etc。限定品、訳あり品などここならではの品揃え。
食材宅配サービス:夕食.net
専属栄養士の考えた、バランスのよい献立のレシピ付き食材。調理時間約20〜35分の「日替り」メニューもあります。

食事日記を付けよう!

あなたの体のほとんどは、毎日あなたが食べている物からつくられています。
食べたいと思う物を食べるのが一番、という考え方にも一理あります。
その時点であなたの身体にとって必要な物を、身体自身が欲求というサインで知らせてくれている筈だから。

でも、ちょっと待ってください。
続きを読む

どう付ければいい?

難しく考える必要はありません。
肝心な点は、2つだけです。
●口に入れた物は全て書く
おやつのチョコレートひとかけ、食前のワイン1杯、ビール1杯から、おつまみの、ピーナツ5粒まで。
細大漏らさず、付けてください。
続きを読む

分析してみよう

食事日記を付け始めると、最初の内はそれだけで体重が減り出す事も多いのは、先に書いたとおりです。
無意識だった食べる事に、意識を向けるようになたから、と考えることもできます。
でも、これだけではバランス良く食べることができているのかどうか、よく解らないです。

そこで、もうワンステップ先へ進みましょう。
続きを読む

食品交換表ってなに?

日本糖尿病協会発行の食品交換表の表紙には、糖尿病食事療法のための食品交換表という表題が印刷されています。

現在のところ、一度発病すると完治することは難しい糖尿病。
悪化すると様々な合併症を引き起こす恐ろしい病気ですが、適切な食事療法、運動療法、薬物療法を続ければ、健康な人と同様に日常生活を送って寿命を全うする事ができます。
続きを読む

CD-ROM版もあります

書籍とは別に、CD-ROM版も販売されています。
ーー書籍は付いていませんので、食品交換表を本で読みたい方は、書籍の方をお求めください。

CD-ROM版は、簡単な操作で、毎日の食事日記を記録できるように工夫された、ソフトウエアです。食べたものを記入していくにつれて、合計欄に各栄養群の合計値が加算され、最初に決めてあった目標値との差が一目で判るようになっています。何人ものデータを個人別に保存できるので、お医者様など栄養管理指導をする立場の方の使用も可能です。
続きを読む

表1の食品群

rice.gifbread.gifpotato.gifcorn.gif
穀類、芋、豆などが表1の食品になります。(大豆は別で、加工品共々表3になります。)炭水化物の多い野菜もここに入ります。
1単位(80kcal)あたりの栄養素の平均含有量が
炭水化物=18g たんぱく質=2g 脂質=0g
が表1の食品のめやすです。
続きを読む

表2の食品群

apple.gif banana.gif cheree.gif grape.gif
くだもの類が表2の食品になります。
1単位(80kcal)あたりの栄養素の平均含有量が
炭水化物=20g たんぱく質=0g 脂質=0g
が表2の食品のめやすです。
続きを読む

表3の食品群

meat.gifsalmon.gifshlmp.gifcheese.gif
魚介類、肉類、卵、チーズ、大豆および大豆製品が表3の食品になります。
1単位(80kcal)あたりの栄養素の平均含有量が
炭水化物=0g たんぱく質=9g 脂質=5g
が表3の食品のめやすです。
続きを読む

表4の食品群

milk.gif

牛乳およびチーズ以外の乳製品が表4の食品になります。

1単位(80kcal)あたりの栄養素の平均含有量が
炭水化物=6g たんぱく質=4g 脂質=5g
が表4の食品のめやすです。
続きを読む

表5の食品群

walnuts.gifpeanuts.gif

サラダ油や脂質を特に多く含む肉などの油脂、多脂食品が表5の食品になります。ピーナッツ、くるみなどのナッツ類もこの多脂食品に入ります。

1単位(80kcal)あたりの栄養素の平均含有量が
炭水化物=0g たんぱく質=0g 脂質=9g
が表5の食品のめやすです。
続きを読む

表6の食品群

rettuce.gif brockory.gif mushuroom.gif eggplant.gif

野菜(炭水化物の多い野菜は表1になりますので、それ以外の野菜です)が表6の食品になります。海藻、きのこ類、こんにゃく等もこの表6の食品に入ります。

1単位(80kcal)あたりの栄養素の平均含有量が
炭水化物=13g たんぱく質=5g 脂質=1g
が表6の食品のめやすです。
続きを読む

調味料

砂糖・塩・酢・醤油・味噌(日本料理の5大調味料。料理のさ・し・す・せ・そ、でお馴染みですね。)調味料の中には、塩や醤油などのように、エネルギー量を無視できるものもありますが、砂糖や味噌、みりんなど無視できないものもあります。で、調味料の表には、それらのエネルギー量を無視できない調味料類が記載されています。
ドレッシングとマヨネーズは油脂分が多いので、ここではなく、表5の多脂食品に記載されています。

続きを読む

外食料理

外食時には、食材を測ることができないので、食べる量を自分の目で判断して概算することになります。日常の料理で目ばかりができるようになっていれば、表1から表6の食品についてはおおよその判断がつきます。
食品交換表にも、ごくポピュラーな外食料理は、単位表にしてありますが、当然、お店により差があるので幅をもたせて書かれています。
続きを読む

調理加工食品類

ハンバーガー・サンドイッチのパン食、ギョウザ・豚カツ・ビーフシチュー等の一品料理、インスタントラーメンや冷凍のシュウマイ・コロッケ等のインスタント・調理加工食品などが、ここに入ります。
食品交換表での扱いは、外食料理とほぼ同じで、表1、表3、表5、調味料の4つの枠に目安としての数字が幅を含ませて記載されています。

嗜好食品

02.gif 04.gif 08.gif 06.gif

さて、食品交換表中、最も冷遇されているのが、この嗜好食品です。
アルコール飲料、嗜好飲料も、ここに分類されています。

嗜好食品は、糖尿病には好ましくない食品で、飲食する場合には主治医と相談してからにしてください、と書かれています。

食品交換表の趣旨が、健康な人にとっても有効な、健康的なバランスの取れた食生活の指針なのですから、その意味では健康な人であっても、嗜好食品はできるだけ遠ざけるのが、良い食生活と言えるのかも知れません。
続きを読む

自分を計測しょう!

毎日、決めた時間に体重を計る習慣をつくりましょう。
できれば、体重だけではなく、体脂肪や燃焼率なども表示してくれる、体組成計をつかって計ってください。
続きを読む

体を動かしていますか?

デスクワークの多い日常生活を送っている人は、とかく慢性的な運動不足に陥りがち。定期的に体を動かす習慣をつけましょう。できれば毎日、少しずつでもいいので、決まった時間を運動に充てることをお勧めします。
ジムやプールに通ったり、エクササイズをしたり、ダンスをしたりジョギングやウォーキング。何でもいいのです。
続きを読む

消化するってどういうこと?

消化が好い、消化が悪い、消化しきれない………。普段何気なく使っている、消化という言葉ですが、辞書で引いてみました。
大辞林 第二版 (三省堂)によると………。
続きを読む

食事バランスガイド って何?

厚生労働省と農林水産省により平成17年6月に決定された、食生活の指針です。
続きを読む

食べ物と眠りの関係

現代人にとって睡眠障害は、重要な問題になってきています。が、睡眠のメカニズムは、複雑で、睡眠に関する専門的な研究も、まだ始まったばかりといったところのようです。続きを読む

ビタミンって何?

生物が生きていくために必要な、代謝の課程で、様々な酵素が化学的消化をしているのですが、その働きを助ける有機化合物が不可欠です。
それがビタミン? いえ、それらすべてをビタミンという訳ではないのです。続きを読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。