blog-title2.gif

---【PR】---
ナース用品専門店!
強圧なのに痕の付きにくいハイソックス、足の疲れにくいサンダルなど、長時間の立ち仕事をサポートするグッズがいっぱい。
楽天市場-グルメ・カタログ通販
スィーツ、和洋酒、こだわりフルーツ、米、野菜、大トロ、飛騨牛etc。限定品、訳あり品などここならではの品揃え。
食材宅配サービス:夕食.net
専属栄養士の考えた、バランスのよい献立のレシピ付き食材。調理時間約20〜35分の「日替り」メニューもあります。

ビタミンCーアスコルビン酸

ビタミンCは、別名アスコルビン酸といいます。
多くの生物が体内でアスコルビン酸を合成できるのに、人間はまったく合成できません。壊血病の治療薬として、発見されました。
100%食物など外部から摂取するほかない、純然たるビタミンです。水溶性のビタミンで、余分に摂った分は全て、尿にでてしまいますから、過剰摂取の心配はありません。

ビタミンCを多く含む食品は、柑橘類全般、アセロラ、グァバ、ブロッコリ、カリフラワー、トマトなどが上げられます。

アミノ酸の生合成、コラーゲンの生成、副腎ホルモンの分泌などに不可欠なビタミンです。ビタミンE、カロテンと協力して、活性酸素の暴走を抑える働きもビタミンCの重要な役割のひとつです。
また、鉄分の吸収を良くする、免疫力を高めるなど幅広い活躍をします。強い抗酸化力があることから、食品の酸化防止剤としても、広く用いられています。

コラーゲンは、体内のあらゆる細胞間にあり、体中の組織の柔軟性や丈夫さを維持している繊維で、これが足りなければ組織が脆弱化します。そのコラーゲンの生成に欠かすことのできないビタミンC。
不足すると血管がもろくなって出血しやすくなる、歯がぐらつく、怪我の回復力や免疫機能が落ちるなどの壊血病の症状が現れます。風邪薬や、強い胃薬といっしょに処方されることが多いのは、これらの病気によるストレスや治療に、アスコルビン酸が大量に使われることになるからです。

熱に弱く、水に溶け出すので、加熱調理は短めに水洗いは手早くするなど注意が必要です。
生で食べられる果物は、ビタミンCを摂るにはうってつけの食べ物です。

ビタミンCは、体内に留まる時間が数時間と短く、一方ストレス、喫煙など消費される機会は一日中あることから、毎食補うことが重要で、場合によってはサプリメントを使用することも有効だと思います。

リンゴや、アセロラには、ビタミンCの滞留時間を長くしたり、再利用可能にしたりする働きがあるという研究報告がありますので、これらのくだものも、お薦めです。

18才以上の日本人の一日の必要量は、
男女とも100mg(妊娠中は110mg、授乳中は140mg)です。

ちなみに、100mgのビタミンCというと、温州ミカンで315g位になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。