blog-title2.gif

---【PR】---
ナース用品専門店!
強圧なのに痕の付きにくいハイソックス、足の疲れにくいサンダルなど、長時間の立ち仕事をサポートするグッズがいっぱい。
楽天市場-グルメ・カタログ通販
スィーツ、和洋酒、こだわりフルーツ、米、野菜、大トロ、飛騨牛etc。限定品、訳あり品などここならではの品揃え。
食材宅配サービス:夕食.net
専属栄養士の考えた、バランスのよい献立のレシピ付き食材。調理時間約20〜35分の「日替り」メニューもあります。

はブナ科クリ属の木の実のこと、マロンというのは、栗と訳されることが多いですが、本来はマロニエの実のことだと、wikipediaに書かれてありました。カリウム、マグネシウム、不溶性の食物繊維が豊富です。

日本でとれる和栗と、中国栗、西洋栗とは、それぞれ少しずつ違うようで、和栗がいちばん大粒ですが、渋皮(外の堅い皮と実の間の薄皮)が剥きにくいようです。

熱湯で数分茹でるか、ぬるま湯や水に数時間浸してふやかし、剥きやすくしてから下の一部を削ぎきり、そこから上に向かって皮をむいていく・・・、その後、厚めに渋皮を剥く・・・と、生の栗の調理は大変手間がかかるものです。

甘露煮や鹿の子煮、栗きんとん、栗ご飯など、自宅で作る家庭は、減ってきているのでしょうね。

一方、中国栗といえば、天津甘栗が有名ですが、天津は栗の産地ではなく、港町です。

天津の港からやって来た、甘栗、ということで、天津甘栗の呼び名がついたようです。

石焼き芋と同じ要領で、釜の中に石といっしょにいれてかき回し、熱を均等に当てて作る焼き栗の作り方は、西洋栗でも同様で、パリの街の冬の風物詩のひとつになっているようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。