blog-title2.gif

---【PR】---
ナース用品専門店!
強圧なのに痕の付きにくいハイソックス、足の疲れにくいサンダルなど、長時間の立ち仕事をサポートするグッズがいっぱい。
楽天市場-グルメ・カタログ通販
スィーツ、和洋酒、こだわりフルーツ、米、野菜、大トロ、飛騨牛etc。限定品、訳あり品などここならではの品揃え。
食材宅配サービス:夕食.net
専属栄養士の考えた、バランスのよい献立のレシピ付き食材。調理時間約20〜35分の「日替り」メニューもあります。

サツマイモ

ヒルガオ科サツマイモ属に分類されます。
薩摩(九州)から渡来したので、サツマイモと呼ばれるようになったそうです。
繁殖力が強く、痩せた土地でも育つサツマイモは、江戸時代に飢饉の対策として広められ、日本各地で栽培されるようになりました。

第二次世界大戦後半から戦後の日本の、食糧事情悪化の中、貧しい食卓を支えたのも、サツマイモでしたよね。
(そのため、年配の方の中には、「サツマイモは、もう、見るのもイヤ」と言われる方もおられます)

サツマイモには、澱粉質が沢山含まれていますので、ジャガ芋と共にカタクリ粉の原材料として利用される他、茹でたり蒸したり、焼いたり揚げたり、あらゆる調理法で食材として用いられています。

サツマイモはまた、焼酎の原材料としても、利用されます。

アミラーゼ(澱粉分解酵素)が働きやすい50〜60度の温度をキープしながら、ゆっくり加熱すると甘さが増すので、水から蒸す、茹でる、石焼きにするなどの方が、レンジでチンするよりは、甘くなります。

食物繊維、ビタミンCカリウムが豊富です。
ふつうは加熱によって壊れるビタミンCですが、澱粉にまもられているため、サツマイモのビタミンCは、加熱しても壊れにくいというありがたい特徴があります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。